<< 声を響かせる / main / フィギュアスケートグランプリシリーズ2009 中野友加里の表現力 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手 by FC2

- | | - | - |

ロセフィンでじんましん??

評価:
松苗 あけみ
集英社
---
(1994-03)
コメント:カトレアな女たちの画像がありませんでしたので、続編のこちらを^^

評価:
松苗 あけみ
白泉社
¥ 630
(2002-06)
コメント:超大好き!こんなおばあちゃんになれるものならなりたい!かも^^;

 JUGEMテーマ:新型インフルエンザ
JUGEMテーマ:健康

ああ、これであのイケメン医師には会えないのね。
また会いたかったら、病気にならなくてはいけないんだわ。
でも、今回なんだかんだで、2万円くらいかかりましたよ。
最初はイケメン医師は「あと、CTと…」と言っていたのを、
私が「そりゃあお金がかかりそうですね」と言ったので、
「じゃあ、CTはナシで」となったのですが^^;

3日間通ってイケメン医師と向かい合うのはたったの数分。。。
それで2万円はホストよりタカクね?^^;

まあ、そんなこんなで八百屋お七の気分で床に着きました。

その点滴を終えた夜…明け方、痒くて痒くて目が覚めました。
ああ〜そうかあ〜、熱が出ちゃったから、お風呂入ってないもんなあ〜。
と寝ぼけ眼で、それでも、痒くてしょうがないので、明け方シャワーを浴びる。
まだ、入浴はどうなのかな?と思ったけれど、痒いんでねえ。。。

でも、シャワー浴びて、すっかり目が覚めて、原因がなんとなく分かりました。
ジンマシンですよね。
赤くぼこぼこなってる。

またまた、病院です。
八百屋お七のつもりが、お岩さんですけどね。
頭のてっぺんからつま先までぼっこぼこ。
痒くて痒くて、顔なんか、分厚い皮膚がうっとおしい〜!

当然、お薬の副作用…と疑うわけですが。。。

親切な看護士長さんが、皮膚科に連絡して、では、まず皮膚科を受診してください。と。




こちらも、小泉孝太郎さんのようなイケメン!
どこにじんましんが出ているか口頭で説明。
マスクをしていたのですが、指示されるまで取らない方がいいかな?と私なりの配慮。
唇は叶恭子さんの二倍は腫れていたので、ちょっと見せたかったのですが、
その指示はなく…。
あまり発疹の出ていない、お腹のあたりをちょろっと見ただけで。。。
内心「お尻が凄いことになってるんだけどなあ〜」と思いつつも、
小泉孝太郎君の前で尻を出す勇気はなく^^;

というワケで、私のカルテには、腕の先と腹がちょろっと赤い印が書き込まれただけでした。。。いいのか?これで???


皮膚科での診断は、薬との因果関係は不明なじんましん。
白血球がそれだけになったのだから、体に異常な反応が起こることもあり得る、と。

内科では、イケメン医師は休診日(TT)
若い女の先生が「皮膚科での診察は終わったのですね。で、こちらでは何を?」って。
え?私に聞いたってシランよ^^;
「皮膚科が終わったら、コチラに来るように言われたのですが?」というと、
薬とは関係ないでしょ。皮膚科のお薬を飲んで様子みて下さいって。
それで、再診料とられたし^^;


じんましんは、お薬で一気に治りました。
でも、飲まないとしばらくは出ますと言われていたので、これは本当に痒いのが怖いので飲みました。

でも、最初の診療所でいただいたお薬とか、転院したことで余ったんですよね〜

イケメン医師のお手紙を診療所に届けるついでに薬局にも寄ってみました。
なんだかんだで、ここの薬剤師さんはとても親切でしたね。
この薬はお腹がゆるくなることもあるから、そんな時はビオフェルミンを飲んでください、とか、あらかじめこちらの身に起きそうなことを予想して心配してくれました。
余分に出たお薬は、カルテに書いてあるから、カルテの時点から直さないと、返品できないんですって。
私が頂いたお薬は常温で2年ぐらい大丈夫そうなので、今度熱が出たら、バファリンのかわりに飲みましょう。

診療所でも、看護士さんがとても心配してくださっていて、
皆さんがわらわらとよって来て下さってありがたかったです。

「先生がイケメンだったんですけど、診察でも指一本触れないんです〜」って言ったら、
「最近は、セクハラとか言われるからねえ」と。なるほど。
さらに、「そんなイケメンには病気じゃない時に会いたいわね〜」と
ベテラン看護士さん。
なるほど!ごもっともでございます〜!!

 
web拍手 by FC2

***休憩室*** | 21:36 | comments(6) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

- | 21:36 | - | - |

edit

Comment

バルダ様〜!!

お久し振りです。
ずっと、ずっと、気になっていたんですが、
どうしよう?
コメントとかメールとか、鬱陶しいかなぁ… でも、もう、2ヶ月になるし… と、迷っていました。
大変でしたね。
今は、もう、お加減はよろしいのですか?

『新型インフルエンザ』騒ぎの所為で、他の診療に悪影響が出でいるようですね。何も、『新型』だけが、「怖い病気」ではないので、もっと、医療現場でも保健所でも的確に動けるように、国が、広報や啓蒙に努めて欲しい!!
なんか、いたずらに人の恐怖心を煽って、却って混乱を招いているんじゃないかと思います。
くれぐれもお大事になさってください。

まどれーぬ | 2009/10/20 10:57 AM

きゃあ〜まどれーぬ様^^
ありがとうございます。
「バルダ」という人間をよく理解してくださっている^^ありがたいです。。。

なんかね、あとから聞いたんですが、私の場合は2回の簡易検査とも陰性だったので、マスクはしていたものの、食料の買い出しに毎日コンビニに行ったし…熱が下がったらすぐに犬の散歩にも行ったし。。。
でもね、4回目の簡易検査で陽性が出た人もあるんですって!
私はインフルだったのでは?だからこじらせて長引いたのかしら?なんて思ったり。そうしたら、ふらふら出歩いてはいけなかったのでは?なんて個人レベルでも混乱していますね。
救急病棟には、次々と「いきなり熱が出ました」という人がやって来るのでちょっとびっくりしました。マスクしてない人も多かったですよ。病院の中に入ってもマスクしてなくて、熱出して体が弱っているのだから、誰かからもらって更にひどくならないようにマスクした方が良いのでは?と思ったり。。。
思った以上に現場は混乱している様子でした。簡易検査がダメなんじゃないかな〜。。。簡易検査できちんと新型か否かを振り分けられないから現場は混乱するんじゃないですかね。。。

私が治った後、近所の小学校はちらほら学級閉鎖していたのですが、とうとう先週は学校閉鎖になったり。
私は普段犬の散歩以外に人と接触しないからインフルエンザの可能性が薄い、と判断されたのですが、犬の散歩では小学生とよく会うんです。濃厚な接触はないですけど^^;
素人の皮膚感覚だと「この公園、小学生の元気なウィルスとんでそうだね」なんてワンコ仲間は噂しています。

これからが本番、なんて聞くので、まだまだ混乱しそうですね。

バルダ | 2009/10/20 11:39 AM

バルダさん お久しぶりです。
大変だったんですね。
回復されて何よりです。

熱が出たらすぐに解熱剤を飲んで熱は下げた方がいいですよ。
高熱が出たらどんどん体力を消耗しますからね。

それにしても、キムタクDrと小泉孝太郎Drですか・・・
運がいいのか悪いのか?
確かにイケメンの先生に診察されると恥ずかしい時ありますよね。

でも、私ぐらいの歳になるとあまり気にならなくなるんですよ。
3年前から年に1回健康診断を受けているんですけど、
乳ガン検診で触診というのがあるんですけど、全然気にならないです。(ちひろサラの様な感じ)
マンモグラフィもOKです。
放射線技師さんの方が気を使って、「ちょっと、すいませんね すいませんね」と言ってくれます。(笑)


オンディーヌ | 2009/10/21 8:03 AM

バルダ様〜!
大変だったのですね〜!
もう体調は万全にもどったのでしょうか?

私もヴァンパイア・ウィルスという強力なウィルスに3ヶ月かかりf(^^;)、そのあとすぐ気管支炎にかかっちゃいまして・・。いまだに咳と痰に苦しんでます・・。
お薬の威力はすごくて飲むと咳は止まりますが・・・気持ちが悪くなるのです・・・。訴えると変えてはくれるのですが、やはり気持ちが悪くなる・・・。
たまたま健康診断があったので、そこの病院で診察をしてもらいました。やはり気管支炎という診断はかわらず、また別の薬を・・。でも、飲むと気持ちが悪くなる・・・。
観劇のときだけお薬をのみ、あとは自然治癒しかないか〜。
でも咳してると、インフルエンザかといやな顔されちゃうときがあるんですよね〜・・・。


あ、乳がん検診の外科の先生がイケメンで(^^)v、胸の触り方が慣れているんだか、いないのか(笑)ビミョー。

ジーナ | 2009/10/21 11:29 AM

オンディーヌ様

医者嫌いの私があまりの熱の出方に一気にお医者え行ったのですがねえ〜待たされましたorz解熱剤を早くくれ〜って感じでした。もちろん速攻で飲みました。でも、強いお薬じゃなかったのでしょうかね。ホントしんどかったです。
あとね、オンディーヌ様、私にとってこのひと月がしんどかったのは、歌えなかったからかもしれません。ノドが痛いし、鼻は詰まってるし。歌う気にもならず、うつむいてばかりいたかもしれません。少し良くなってから、無意識に鼻歌が出た時、久しぶりに呼吸をしたかのようなスッキリ感がありました。上手い下手ではなく、深呼吸の為に私には歌うころが必要だな〜って思いました。歌の効果は大きいですね。
…マンモグラフィ…挟めないかも^^;

バルダ | 2009/10/21 8:57 PM

ジーナ様
私もヴァンパイアウィルスの方が良かったです〜(TT)それにしても3ヶ月は重症ですよね^^;
気管支炎も大変ですね〜。私も昨年だったでしょうか、咳が止まらなくなってしまった時がありましたっけ。寝入りばなに咳が出て眠れなくなったり、ホント辛いですよね。腹筋とか結構使うから体力も消耗しますよね。
お薬が合わないのも困りますね、気持ちが悪くなる…というのはやはり体に良いことではないですよね。。。私のうろ覚えですが、咳を止める薬って、血管とかを広げるのではなかったかしら。案外、咳止めって強いお薬だったりするんですよね。早くよくなりますように!(お祈り中^^)
ああ、咳してイヤな顔されて…そうですよね。でも、ちゃんと押さえている人にはスルーして欲しいですね。思いっきり世間に向かって咳してるわけじゃないのにねえ^^;

ジーナさんのドクターもイケメンですか!
それでも、ジーナさんやオンディーヌさんも…イケメン医師ならまだOKだと思うんですよ。相手がイケメンでも大人の対応ができることでしょう!

これがね「ドクトル」だったらどうします!?
どう〜しよ〜〜〜〜(*~*)って、私は勝手に想像しちゃったんですけどね。

ドクトルは「脈は〜♪」とかなんとか、一生懸命触ろうとするのだもの〜なんて^^;あれは、患者がシシィだからですか、ああ、そうですねorz

バルダ | 2009/10/21 9:15 PM

Submit Comment









Trackback URL

http://das-musical.jugem.jp/trackback/1192

Trackback