<< なにやってんだオレは… / main / 2009フィギュアスケートGPシリーズ・ファイナル 女子シングル >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手 by FC2

- | | - | - |

浅田真央 ラフマニノフ 鐘

評価:
アシュケナージ(ウラディーミル),ラフマニノフ
ユニバーサル ミュージック クラシック
¥ 1,774
(2001-04-21)

評価:
池田 理代子,アンリ・トロワイヤ
中央公論新社
¥ 660
(1994-09)

JUGEMテーマ:クラシック音楽

http://www.youtube.com/watch?v=EtuMVBLEWJU&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=Z8ytY57u8_4


先日NHKの…なんだったろう?

そうそう『世界遺産への招待状』というのを見ました。
http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/invitation/archives/archive091130.html

今、ロシアって、ロシア正教の信者が国民の7割いるそうですね。

ソビエト連邦という社会主義国になった時に、宗教(ロシア正教)は弾圧されたのですね。

そうかあ〜エカテリーナが女帝になった時代はロシア正教バリバリの国だった筈ですもんね。
エカテリーナは、未来の皇帝と結婚したくて改宗までした…のですよね。

それが、ソ連崩壊で、また戻って来た訳ですか。

キリスト教の仲間なんですけど、分かりづらいんですよね。
カトリックとプロテスタントの違いで躓いてしまった人は、
とりあえずキリスト教であるらしい…ということで諦めるだろうな^^;
…う〜んと、私たち日本人がイメージするキリスト教って、
カトリックかプロテスタントだろうと思うのですが、
それはどちらも西方教会の仲間なんですね、
東方教会と西方教会とあるんですね。
ほうほう…
http://ja.wikipedia.org/wiki/東方教会
11世紀に分裂したんですね。

http://www.nhk.or.jp/special/onair/090302.html

なんかね、私には、カトリックの教会よりも、古くて湿った感じがして、
ちょっと怖い^^;
プロテスタントの教会って、現代風にデザインされた十字架がさりげなくあって、
外から光が指している、ちょっとシャレた感じで、カラッとしていてオサレ^^
…な〜んてイメージなのですが、
ロシア正教って、カトリックよりも
もっとじめ〜〜〜っとした感じでぞくぞく〜とする、
というのが本音^^;

さて、現代のロシアでは、宗教心が堂々と復活しているらしいです。

さて、それがなんで浅田真央なのか!?

ロシア革命の時に、弾圧されたロシア正教の教会では、
多くの『鐘』が壊されたのだそうです。
番組を見ていて、ロシア=鐘=ラフマニノフと繋がりました。

ラフマニノフの鐘ってロシア正教の教会の鐘。。。
教会の鐘であろうということは、なんとなく…ってか、
鐘って教会のものだし…
ただ、ロシアへの興味の薄さから、考えようとはしていませんでした。

ホントは、ちょっと気になっているんですけどね、
ロシアの文化・芸術ってヨーロッパとはちょっと違う。。。
でも、文学やクラシック音楽、バレエがすごいし…
でも、エカテリーナの時代はヨーロッパの華やかな文化からは
かなり遅れていた筈。。。
それを巻き返しちゃった原動力って一体!?



そうかあ〜ラフマニノフの鐘ってロシア正教の鐘なのかあ〜
それで、しかも今ロシアでは宗教が復活しているのか。。。

アメリカではキリスト教離れが進んでいるらしいんですけど。。。

タラソワコーチの選曲はそういうロシア国内の空気にも影響されていたのかしら?
というか、タラソワコーチの思いなのかもしれない。
「金メダル請負人」のニコライ・モロゾフコーチとは、根本が違うのかもしれない。。。

タラソワさんは無形文化財的な「作品」を作るセンスがあるのかもしれない。

でも、真央ちゃんにタラソワさんの方から
「曲を替えようか?」という提案があったようですね。
でも、当の真央ちゃんが『鐘』でいくと決めたとか。

私は、やはり真央ちゃんの鐘は良いプログラムだと思うので、
是非、完成形を見たいです。
今日も、キムヨナちゃんのガーシュインを見ましたが、
やっぱりつまらない。
世界最高得点で、金メダルに最短でも、私の記憶には残らないだろうなあ。。。
(↑私の記憶に残らなくてもキムヨナちゃんはなんら問題ないでしょうけど^^;)

 
web拍手 by FC2

☆フィギュア・スケート☆ | 23:19 | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

- | 23:19 | - | - |

edit

Comment

真央ちゃんがフリーで使ったラフマニノフの「鐘」の背景を調べていたら、こちらへ辿り着きました。詳しく書いて下さってありがとうございました。私もこの曲での演技、完璧に滑ることができたらすごいものになると思います。ガーシュインのより断然素晴らしいものになると思います。ただ、この曲の歴史的、文化的等の意味の重さを考えると、今の歳の真央ちゃんには難しいだろうなと思います。多くの人が重苦しいと言いますが、とても素晴らしいプログラムだと思います。真逆で、天使のイメージで振り付けてもおもしろいかも!?と思っています。

バームクーヘン | 2010/03/02 10:09 PM

ずっとさぼりっぱなしのブログにとても丁寧なコメントをありがとうございます。
ブログはさぼっていましたが、オリンピックは堪能しました!
キムヨナちゃんの偉業も素晴らしいと思います。
しかし、やはり真央ちゃんは「芸術」でした。
後半のステップの時の表情とかゾッとするくらい素敵でした。
このプログラムはフィギュアの歴史に残る、フィギュアスケートに一石を投じたプログラムだと思います。
…というようなことを記事にしたい、とは思っているのですが^^;

天使ですかあ、なるほど。
しかし…ギリシャ正教は天使も重そうだな^^;

http://www.geocities.jp/ynicojp2/what-nikolaido.html
こんなサイト見つけました。

う〜む、ギリシャ正教の天使はイコンと密着しているのですね。
ちょっと見ただけですが、ギリシャ正教では、イコンを扱うのは、なにかとても神聖で大変なことのようです。。。

先週のNHK大河『龍馬伝』でやっていましたが、神田のニコライ堂が「正教会」の聖堂なのですね。
なんか、ちょっと行ってみたくなりました。

バルダ | 2010/03/03 2:03 AM

突然の訪問にもかかわらずお返事、ありがとうございました。
全くの勉強不足で申し訳ありませんでした。なんせ、カトリックとプロテスタントで躓いてしまっていますので(^-^;)。この「鐘」はもぉっと深い背景や意味があるんですね。文化・宗教が違うと外からはわからないことが多いですね。勉強になりました。
ガーシュインにもいろいろな背景、文化、歴史等の意義が盛り込まれているのでしょうね。そのようなことを調べていきながら観ていくと、もっと深く味わえるのでしょうね。
いやぁ〜、作っている人達はすごいです。

バームクーヘン | 2010/03/03 6:13 PM

まあ!ありがとうございます!
私もバームクーヘンさんが「天使」とおっしゃられたので、「ええ?正教にも天使はいるのかしら?」と思ったくらいです。
天使って、キューピーちゃんというか、軽やかな美しい白い羽…のイメージ、エンジェルですよね。
で…多分、作ったのはカトリックだろうな、とか思っちゃってたんです。
天使と煉獄ってカトリックの創作かな?とか。
でも、どうやら、旧約聖書…つまりユダヤ教から天使=神様の使いはいるんですね。
う〜む、天使面白いです!
ヱヴァンゲリヲンにも繋がって行っちゃいますよ!

ガーシュインかあ〜ガーシュインは…私の中では今のところエンターテイメントなんです。

ここでも、ミュージカルかオペラか…なんて話題になったことがあったのですが、私の中では、ミュージカルはエンターテイメント、オペラは芸術、なんです。
どちらが優れているか?
という論議はナンセンスだとは思うのです。
でも、エンターテイメントは多くの人を感動させるけれど、芸術は後の世に残るものだと思うのです。
そうなんです、結論から言うと、キムヨナちゃんのが現代では多くの人の評価を得ると思うのです。
でも、真央ちゃんは、後の世にも伝わるのではないか?…なんて思うのです。
後の世になってみないと分かりませんが^^;

お返事遅くてすみません。
でも、真央ちゃんの五輪の記事は絶対書きます!

バルダ | 2010/03/08 1:37 AM

Submit Comment









Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。

Trackback