<< 題名のない音楽会 「ワンダフルタウン」レナード・バーンスタイン / main / 笑福亭鶴瓶 スジナシ! オススメは谷原章介さん♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手 by FC2

- | | - | - |

ソプラノの小田嶋薫さんにまだ言ってなかったこと^^

評価:
---
ナクソス・ジャパン
¥ 7,750
(2010-06-23)
コメント:曲はすばらしいんだけど、お話がね^^;とはあるテノール歌手さんのお言葉^^

JUGEMテーマ:クラシック音楽


うふふ、ちょっと私信みたいなもので^^;すいません。
とっても嬉しいことがありました。
おめでたいことです^^私も幸せ♪

これは、先日の日本声楽家協会で。

この時も、遅刻して飛び込み、終演後の友人とのお茶もなくorz
もっとも、悔しかったのは、
野原沙織さんの演奏直後だったということ…
しかも…たしか、オルフェオとエウリディーチェをやった筈。。。
観たかったなあ〜野原さんのオルフェオ…
え?エウリディーチェってことはないよね^^;

野原さんのお声は、芯が太くて柔らかい。
個性的かと思うのに、重唱になった時の馴染み方が絶妙!
ソロだと、個性的で、一人で歌うのに向くと思うのに、
重唱だと、まるで他の方の声たちを調和させるための声みたいに馴染む…不思議。。。

そんな、野原さん、ポップスにも進出するそうで…
でも、そのライブにも私は行けなかった…
今年は、いろいろ悔しいばかりです。


そんな中、辛うじて小田嶋さんの出番に間に合い…

私、すっかり、小田嶋さんがモーツァルトに苦手意識があったことを忘れていました。

っていうかね、似合ってましたよ、モーツァルト!
あのね、ご本人も、柔らかな素材の柔らかな色合いのドレス…
つまり、モーツァルトっぽいドレスのことなんですが、
…これはね、『のだめ』じゃないけど、モーツァルトはやっぱり、
「ピンク」なんですよ。

松田聖子ちゃんの『ピンクのモーツァルト』のせいもあるんですけど、
否定はしませんけど、
でも、聞けばやっぱりピンクなんですよ、モーツァルトは。
ピンクでなければ、ピンクの仲間とか、
ピンクと並んで美しい色なんです。

皆さん、そんなドレスを着る。
そして、似合っている^^

そもそも、小田嶋さんは、そんなドレスが、
自分には似合わないようだ…って以前におっしゃっていたのですが、

私、今回「イケル!」って思いました。
ピンクではないかもしれない。
明るいブルーとか、若草色、いえ、濃いめのピンクはイケルかも!
柔らか素材がいけそうですよ!
なんというのかな、小田嶋さんというよりも、
「役」で着こなせる!って思いました。

モーツァルトが似合っていたんです!

ああ、これを私は伝えていません。
だから、これは私信です^^
小田嶋さん、モーツァルトが似合ってましたよ〜〜〜〜^^




web拍手 by FC2

★クラシック音楽★ | 01:25 | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

- | 01:25 | - | - |

edit

Comment

バルダさん、お久しぶりです。
ブログが更新されないので、お元気なのかな?と思ってました。

「コジ・ファン・トゥッテ」は、やっぱりお話が・・・
ですよね。
小田嶋先生は、ピンクもお似合いになると思いますよ。

「題名のない音楽会」私も毎週見てます。

オンディーヌ | 2010/09/14 4:25 AM

ご無沙汰してしまって、ご心配おかけ致しました。
オンディーヌさんはお元気ですか?
お歌の方は如何ですか?
私、先日喉が痛くなった時に、アズレンというたんぽぽから抽出した成分が入っているという喉スプレーを買ったのです。
良く効きました…ということではなくて、このスプレーってノズルが短くて、1センチくらいしか無いのです。それで、自分にとってスプレーを是非当てたい喉の奥に上手く当てるには、ちょっとコツが要ったのです。
それがね…「私の言葉だと喉の奥を大きく開ける」感じだったのですが…
ハッと気付きました。この喉の感じで歌えば良いのか!と^^;
痛みがひいてから声を出したらなんだかスッキリ歌えました。
そんな日々を過ごしておりました。。。

そうなんです!コシファントゥッテ…今一番欲しいCDかな〜オススメはありますか?本当に音楽「は」キレイですよね〜私の知る(数少ないですが^^;)中でも今のところダントツにキレイな音楽だと思いました。

>小田嶋先生は、ピンクもお似合いになると思いますよ。

ですよね^^
伝えなくっちゃ♪
ありがとうございます^0^

バルダ | 2010/09/15 1:51 AM

おお〜

>喉の奥を大きく開ける感じ

気が付かれたんですね!

喉が痛くなったらとにかく無理をせず喉を休ませる事です。
ノズルの付いたスプレーを、喉の奥まで入れるのは危ないですよ。

蜂蜜に大根をサイコロ切りにして漬けて、その汁を飲といいですよ。
黒豆の汁もいいです。

CDはガーディナー指揮があります。
歌手はマニヨン、トロストなどのモーツァルト歌手です。

DVDは06年ザルツブルグ音楽祭ライヴがあります。

オンディーヌ | 2010/09/15 3:54 AM

>>喉の奥を大きく開ける感じ

>気が付かれたんですね!

今更でしょうか^^;
ずっと、アクビの時の喉…とか意識してはいたのですが、
私がやっていたのは、なんというか上下方向に開こうとしていて、
今回違ったのは、もっと奥へ…というか、延髄の方へ喉を開く感じかな?と。

>喉が痛くなったらとにかく無理をせず喉を休ませる事です。

はい。しかし、なぜか、歌ってはいけない時に限って歌いたくなる^^;
しかし、痛いので、大丈夫!無口になります。

>ノズルの付いたスプレーを、喉の奥まで入れるのは危ないですよ。

そうなんです!
前のは、ノズルが5センチくらいあって、「狙え」たんです。
でも、今回のスプレーは1センチしかなくて、
奥に突っ込もうにも突っ込めない^^;
それで、自分の炎症部分の方に当たりやすくなってもらったというか。

そうかあ〜だからノズルが短いんだ!
不便で不親切だな〜と思っていたのですが、そうか〜。
喉に突っ込まないためなんですね。

はい大根飴!咳にも効きました!
実は、大根がなくて、切り干し大根はあったので、
蜂蜜に漬けてみました。
効果?う〜ん、乾燥したまま入れたのは失敗ですね。
でも、齧ったらいい感じではあったから、(←まじで!)
次回、万が一切り干し大根で作る時は、水で戻してからにしてみます^^

私って、やはりかなり気をつけていないと口呼吸だし、
ガナルし…いかんです。

それにしても、先日の美智子皇后も咳だし…
なんか、私の周りも長〜く続く咳に悩む人多いです。。。

バルダ | 2010/09/16 11:56 AM

Submit Comment









Trackback URL

http://das-musical.jugem.jp/trackback/1240

Trackback