<< 青山劇場の後のお食事は?^^ / main / 日本声楽家協会 2010年後期 公開勉強会があります! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手 by FC2

- | | - | - |

ワンダフルタウンを見てアンサンブルを考える。

もう、大分時間が過ぎてしまいましたが、
書きたかったのに、書いていなかったことです。

私ね、ワンダフルタウンで、
アンサンブルで大事なことに気付いちゃったんです!^^

http://www.wonderfultown.jp/

今までは、私はアンサンブルは「敢えて」見ませんでした。
見ないというか…凝視しないようにしていました。

舞台全体を「正しく」見る「配分」があるように思うのです。

だから、エリザベートでも、
祐一郎さんが見たいから…という理由からだけではなく、
トートダンサーに心奪われないように^^;努力しました。

いえ、もちろん舞台の楽しみ方はそれぞれですから、
これは私の見方であって、こうでなければならない、ということは全くありません。

私は、そうでなくっても、細かい事が気になりだすと、
近視眼的に拘ることがありますから、
ちょっと自制しておかないと^^;

祐一郎さんが見たいし…という気持ちを前面に出して。。。


しかし、その分、祐一郎さんが出ていない舞台を見る時は、
見方を変えてみたりすることがあります。

そして、今回のワンダフルタウン。

色々観たいポイントはあったのですが、
林燈子さんのダンスがとてもキレイだったので、
帰宅してからいろんな場面が甦り、反芻してしまいました。

ある時は、ニューヨークシティバレエ団のダンサー(←勝手に想像^^;)
ある時は、ニューヨークを闊歩するキャリアウーマン
ある時は、お色気たっぷりのバニーガールならぬカウガール…

このミュージカルの特徴なのですが、
歌詞のない描写があちこちにあります。

エリザベートやレミゼだったら…
場面というよりも、心情の描写のような気がします。

古い映画だと、
情景を描写している場面。
街を行き交う人などを見せて、
その街がどんなところなのか、
主人公達がこれからどんなことが起こるのかわくわくさせる場面。

このミュージカルには随所にそういう場面があるのです。


私は、最初、アンサンブルは「何かの役」を演じているのだと思っていました。
いえ、確かに何かの役なんですけど。
それは、市井の誰か、だと思っていました。
市井の人だから、名前が明らかでない…

例えば『レ・ミゼラブル』の場合は、
市井の人を演じている場合があります。
それがレミゼの面白いところでもある。

そうそう、今日のフィギュアスケートのグランプリシリーズ。
スペインのソニア・ラフエンテさんは、レミゼで滑りました。
これが、なんと、エポニーヌでもファンティーヌでもなく、
彼女が演じたのは、市井の人々でした。
だから、レミゼの音楽の編曲が大変に面白かった。
最初の音…
音程もリズムも知っているけれど、
編曲が違うから、楽器が違う…あれれ?レミゼに似てるけど…
と思ったらアナウンスがレミゼだと言う…
その頃にやっと「あはん」のところに入る。

囚人の場面、革命の場面などなど、
彼女が演じたのは、レミゼの市井の人々の場面集でした。
おもしろいプログラムだし、むしろ、レミゼの真骨頂ですよね。



しかし、ワンダフルタウンの場合は、
キャリアウーマンとなって踊っている時に、
名も無いのキャリアウーマンを演じているのではない…。

市井の誰か…そういう「個人」ではなく、
表現しているのは「空気」…「気配」「雰囲気」「情景そのもの」

なのではないでしょうか。

だから、キャリアウーマンとして踊っている時、
それはキャリアウーマンの誰か一人ではなく、
ニューヨークのマンハッタンを行き交う多くの働く女性全て…
というか、そういう人が行き交う街の情景…
それを表現しているのです。(断言してしまおう^^)
踊っているのは数人なのに、
ああ、ここはこういう街なのだ…
というのが段々と見えて来るのですね。
だから、そこで困った顔の主人公がやってきたりすると、
どういう空気の中に主人公が置かれているか…
それがハッキリ分かる。


そういう生きた背景と空気があるから、
舞台全体がぐぐっと持ち上がる。

アンサンブルの力ってそこにあるのだ、と思いました。

それだけに、アンサンブルを任される方には、
沢山に引き出し、技術が必要になる。
いろんな場面に対応できる技術が必要になる。

それも、頑張って目立てば良いというものでもない。
そんなことをしたら忽ち芝居のバランスが崩れてしまう。

職人だなあ〜
つくづく面白い。

あああ、舞台って本当に見ることが多くて面白い!

良い舞台をありがとうございました。


web拍手 by FC2

祐一郎さんじゃないけれど…色々 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

- | 21:23 | - | - |

edit

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://das-musical.jugem.jp/trackback/1247

Trackback