<< 拍手して〜^^ / main / Mother マザー 芦田愛菜ちゃんの演技力 徹子の部屋 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手 by FC2

- | | - | - |

オペラ ラ・ファヴォリータ ヒロインはメゾソプラノ♪

評価:
青池 保子
秋田書店
¥ 420
(1985-05)
コメント:青池先生の描く男性の中で、そりゃあ少佐も大好きだけど…王様も甲乙付け難いのです。作者も惚れる男っぷり!

評価:
青池 保子
秋田書店
¥ 735
(2009-01-09)
コメント:王様素敵!演ずるならもちろん山口祐一郎ですとも♡

評価:
青池 保子
秋田書店
¥ 410
(1990-02)
コメント:この表紙絵も好きだなあ〜素敵♪

 

織田麻美さんの6日の演目が「極秘調査」によって分かりましたので、
またまた勝手に作ってしまいました〜^^

あらすじはコチラ
http://homepage2.nifty.com/aine/opera/opera44.htm

え?
アルフォンソ11世?

レオノーラ・グスマン??

えええ?それって、それって、もしかし…


アルカサルの世界だああ〜〜〜〜!!!

アルフォンソ11世って、ドン・ペドロのお父さんじゃないですか?

レオノーラは、ドン・ペドロにとって父の愛人。
史実では、のちのスペイン王朝の祖となるエンリケ(ドン・ペドロの異母兄)を生んでいるのですが。。。

オペラでは、清い恋に殉殉ずる乙女なのね。。。


このオペラ、メゾソプラノがヒロイン…ってちょっと珍しいですよね。
調べてみたら、はっきりとメゾというよりも、
ソプラノの人が演ずる事もあるらしい。

おお!織田さん向きではないですか!
オレンジの似合う織田さん…うん、スペインの女性は向いているかも^^
可愛くて色っぽい、メゾらしくないのかもいしれないお声は、
むしろ、こういう役にはバッチリなのではないでしょうか!

楽しみです♪


チラシのイメージは、王の愛人ということで、
お城をイメージしました。
この時は、まだ「アルカサル」に気付いていなかったのですが、
中世のスペインということで、アルカサル…だったのかな。。。

泡と消える清らかな恋…と沈む夕陽…かな^^

お写真はコチラからお借りしました。
http://www.ashinari.com/2011/02/04-345134.php?category=4
http://www.ashinari.com/2011/01/22-344955.php?category=186

ありがとうございます。



JUGEMテーマ:クラシック音楽
JUGEMテーマ:オペラ


web拍手 by FC2

★クラシック音楽★ | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

- | 19:41 | - | - |

edit

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://das-musical.jugem.jp/trackback/1254

Trackback