<< オペラ ラ・ファヴォリータ ヒロインはメゾソプラノ♪ / main / 日本声楽家協会 研修専科 オペラアンサンブル行って来ました♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手 by FC2

- | | - | - |

Mother マザー 芦田愛菜ちゃんの演技力 徹子の部屋

評価:
---
バップ
¥ 16,071
(2010-09-22)
コメント:これは、すごいドラマだった。 完成度も考えさせられることも、普通のドラマとはレベルが違う。

昨年だけれど…これは、ホントはまりました。

でも、最初の3回くらいは見ていないのです。
直前に良く似たテーマと思われるHNKのドラマ『八日目の蝉』を見ていたので。
http://www3.nhk.or.jp/drama/drames/drama10/244/page_006.html
このドラマも良かった。
それなりに…というか、いえ、蝉は蝉で良かった。
見応えはあったのだ…壇れいさん良かったし…。
だから「母性」モノには満足していた、というか
続けて「母性」ものはちょっと食傷気味というか…
それで、敢えて見なかった。特に興味も無かった。。。

ある日、間違えちゃったんだよね。
なんとなく、チャンネル合わせちゃったら、
確か…
「うっかりさん」と男の子のような格好をさせられた女の子が図書館で出会っていた。

だったか、高畑淳子さんに松雪泰子さんがお金を借りる場面だった。

うっかりさんは、田中裕子さんなワケで…
それだけで、チャンネル回す…今は回さないね^^;
リモコンポチポチする手が止まる。

「なんだろう?」からどんどんドラマに惹き付けられる。


なんでだろう?
良いドラマって、いきなりどの場面から入っても惹き付けられる。
(宮藤官九郎作品以外は)なぜだろう?
そういう作り方なのか??


もうこの時から芦田愛菜ちゃんに惹き付けられていたのかもしれない。

このコが5歳???

完璧な女優。しかも、一流の……

正直、圧倒されました。
彼女の演技がなくては、このドラマは成立しなかったかもしれない。

もちろん、それぞれの「母性」を表現する女優陣がまたスゴいんだ!

田中裕子さん、高畑淳子さん、松雪泰子さん、尾野真千子さん…

尾野真千子さんを評価する人って少ないかもね。
何しろ「悪役」^^;
虐待する母、しかも都合の悪いことはすっかり忘れて、娘を返せと、
娘に「昔みたいにギュッてしよう」と迫る母……
共感しかくない、自分に似ている部分が見えても、見なかったことにしたい…
そんな役所かな。だから、ぞっとするようなこの人の演技も好き。


これだけの女優を相手に丁々発止…というか、キチンと中心に立ってしまったのが、
芦田愛菜ちゃん。
ちゃんでいいよ、当時5歳だもの。。。


なぜ、このごろの子役は演技が上手いのか?
ずっと思っていました。

そして、先日、芦田愛菜ちゃんが『徹子の部屋』に出ていました。
http://news.thetv.jp/article/19794/

ここで「お洋服やさんごっこ」をするのですが…

私、合点が行きました。
上の記事には「普通のこどものままごとではない」とありますが、
いいえ、普通の子供のままごとです。
この記事を書いた方は「普通の子供のままごと」を知らないか、
自分が忘れてしまったか…

子供の集中力、想像力、観察力ってスゴイですよ。
自分と何の義理人情もないから、
見たまま、バッサリと表現してしまう。
残酷なほどストレートです。
幼ければ恥ずかしいという構えもないから、
表現したいものを、本当にストレートに表現できる。

おままごとの上手な子、下手な子は確かにいる。

確かに愛菜ちゃんは上手い子で、
周囲の大人は、彼女のそのセンスや才能を大切に上手に伸ばしているんでしょうね。
すくすくと、ノビノビと…。

こんな虐待されるような役をやって大丈夫なのか?
と危惧する気持ちもあるのですが、
彼女の持つ、共感性と同じくらいの客観性が、
全てを飲み込んでしまう気がします。

さて、小学校へ入って、普通の子供たちにもまれて、
彼女がどんな影響を受けるのか…
演劇ファンとしては、この才能には上手く育って欲しいと切望します。。。



web拍手 by FC2

★テレビドラマ★ | 21:44 | comments(3) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

- | 21:44 | - | - |

edit

Comment

芦田愛菜ちゃんを初めて観たのはワイドショーの特集でした。それから気になってMotherや他のドラマを観ましたが、彼女は“泣き”の天才ですね!CMで観ない日はない笑っ


最近は活躍している子役が多いですね。子供店長や月9に出ていた八木優希。
ていうか愛菜ちゃんを含め3人とも大河ドラマに出てましたね!


“江”の初回も産まれる前の江をおろそうとしたお市に、二女を捕まえ首を切って自分も死ぬと迫った茶々(幼少)の演技を観た時はかなり衝撃でした!!

黒瓶ロック | 2011/03/06 2:24 AM

黒瓶ロック様^^
よく来て下さいました♪

天才子役って昔からいたんでしょうけど、最近の子役さん達って、
「よく出来た子供」じゃなくて、キチンとリアルに芝居しているのがスゴイですよね。仕事という自覚もあるようだし。
ああ「江」の演技も良かった!
そうか、マナちゃんは、市村正親と同じドラマに出たということか…。

子供店長は、今度のレミゼラブルでガブローシュをやるそうですね。
いよいよ我らが山口祐一郎さんと共演なのです。
競演なのか!?
山口祐一郎と言う人は相手の年齢性別で手加減はしないかな。
…でも、ガブローシュとの直接の絡みは…ないのかな?

何となく見始めて「四十九日のレシピ」に乗り換えちゃおうかな…と思いつつ、結局「美しい隣人」に戻っている私。
どうやら、結構ハマっているみたい。

蒼穹の昴もなんとなく見始めて、誰が誰だか分からなくて、ストーリーが見えないな〜って思っていたのに、気付けばハマってました^^;

…正直言うと、私には大河って一年おきなんですよ。
当りとハズレが^^;…で、今年はハズレの年で…ははは。
「江」のオープニングCG見た時に、
「ああ〜あつひめ来た〜orz」って思いました^^;
orzなんですよ。CGの不思議ちゃん加減といい、色合いの微妙さといい、同じスタッフですよね!?
ただ、あつひめは、あの「優しい」つくりが一般的にもウケて、視聴率にも繋がった。
今回の「江」も使う役者と脚本の作りからして、柳の下の二匹目のどじょう狙い。
いえ、いいんです。視聴率が良いということは、そういうのが見たいと言う人が多いのですから。
でも、どうも今のところ「あつひめ」のようには受け入れられていない感じですね。
頑張れ、樹里ちゃん。10歳位の役をドラマで演じるのは大変だよね^^;

とりとめもなく、失礼いたしました^^

バルダ | 2011/03/08 9:17 PM

大変!
マザー再放送ですって!明日からですよ^^

http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2011-03-09

明日2011.3/10から月〜木曜日 15:55〜16:53 日本テレビ

おおお〜!!!

バルダ | 2011/03/09 11:30 PM

Submit Comment









Trackback URL

http://das-musical.jugem.jp/trackback/1255

Trackback