<< 山口祐一郎さんのキスシーン(*^〜^*) / main / オペラ座の怪人 映画 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手 by FC2

- | | - | - |

エリザベートお稽古での一路真輝さんの表情。

Elisabeth in Austria―一路真輝写真集
Elisabeth in Austria―一路真輝写真集
安達 尊

エリザベート初演の最初のパンフレットには、
お稽古の写真が載っています。
まだ、舞台が始まらないので、当然舞台写真がないからなのですが…。

最初は、舞台写真が無いのがとても残念でした。
舞台の様子はごく僅かな写真と記憶だけでした。

でも、今では、このお稽古風景の写真の方が貴重に思えます。

山口祐一郎さんのお稽古に臨む時の真剣な表情、
または、ウッチ―と踊ってる愉快な仲間達風の写真…^^;

最初に目を奪われたのは、そういう写真でした。

やがて、舞台と写真を何度も見るうちに、
やっと、お稽古の場面と舞台の場面が
しっかりと重なって見えるようになりました。
(最初はどのシーンがよく分からなくて^^;
骸骨でも持っててくれないと自信がなかった…)

場面が分かると、一路真輝さんのお稽古着が気になるようになりました。
偶然でしょうか?
少女の頃は、赤とピンクの可愛らしい印象のものを着ています。
シシィの年齢が上がると、ブルーや黒です。

もちろん、山口祐一郎さん鈴木綜馬さん高嶋政宏さんなどは、
Tシャツでも、上にジャケットを着ていたり、コートを着て、
「物理的に」衣装を着た事を想定しているのが分かります。

でも、一路さんの場合は、色まで揃わなくても良いわけで、
偶然でしょうか?
私は、やはり気持ちを出す為にお稽古の時からそうするのだと思うのですが…。
宝塚に詳しい方ならご存知かもしれませんね。

祐一郎さんも、衣装によって外から作ってもらうものがある、
というようなことを言ってましたし、
その感じは宝塚は近いと思いました。

逆に、内野聖陽さんのような新劇出身の方は、違うのかもしれません。
内野さんだけかもしれないけど、お稽古の様子は、
まるで、スポーツのトレーニングのようです。

レオタード派とジャージ派ということでしょうか??

さらに見ていくと、化粧や衣装の無い状態での、
「素」の芝居の様子が見えて来ました。

一路さんの少女のような表情、后妃として凛と立つ時の雰囲気、
それだけで、場面の違いが見えます。
もしかしたら、同じ日に撮られた写真かもしれないのに、
並べると、年齢の違う一路さんみたいに見えます。

舞台では、そこに衣装やセットがあり、ストーリーを追いますから、
年齢を経ているシーンであると承知で見ているので、
年齢の違う芝居をしているのを「当たり前」に思っていましたが、
この全く違う年齢に見える写真を見ていると、
コレだけの芝居があって初めて、衣装の効果も出るのだ…と気付かされました。

完成した舞台だけで、楽しむのが正統派の楽しみなのかもしれませんが、
たまには、舞台以前の状態を見せていただくのも、
勉強になるなあ、と思ったのでした。

web拍手 by FC2

- | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

- | 17:44 | - | - |

edit

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://das-musical.jugem.jp/trackback/61

Trackback