スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手 by FC2

- | | - | - |

ディアナ・ダムラウ アンドレアス・ショル 歌曲

評価:
波多野睦美&つのだたかし
インディペンデントレーベル
¥ 2,691
(2002-04-10)
コメント:私がもっているのは『古歌』でした。。。これにしようか迷ったのですけど。。。


JUGEMテーマ:オペラ
JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:クラシック音楽


NHK芸術劇場で、ディアナ・ダムラウとアンドレアス・ショルを見ました。
http://www.nhk.or.jp/art/archive/201006/03music.html

素敵でした〜

歌曲の放映って珍しいのでは?オペラや、オペラのアリア集はあっても…
なんて思って気になりました。

「星の輝く夜」「リラ」「麦の花」
「はなやかなうたげ」第1集から「月の光」
「マンドリン」「美しい夕暮れ」「まぼろし」
アラベスク第1番
(以上、ドビュッシー作曲)
------------------------------------------------------
歌曲集 作品7 から「夢のあとに」
歌曲集 作品46 から「月の光」
歌曲集 作品3 から「トスカーナのセレナード」
歌曲集 作品23 から「ゆりかご」
「ある日の詩」作品21 から「別れ」
歌曲集 作品23 から「ふたりの愛」
即興曲 変ニ長調 作品86
(以上、フォーレ作曲)
------------------------------------------------------
歌曲集「ミルテの花」作品25 から
 「ズライカの歌」「くるみの木」
 花嫁の歌「おかあさま、おかあさま」
 花嫁の歌「あの人の胸に」
 「はすの花」
「子供のための歌のアルバム」作品79 から「時は春」 
(以上、シューマン作曲)
------------------------------------------------------
歌曲集 作品10 から「知らず」
歌曲集 作品48 から「なつかしいおもかげ」
歌曲集「素朴な歌」作品21 から「胸の思い」
歌曲集 作品41 から「子守歌」
歌曲集 作品10 から「夜」
歌曲集 作品27 から「あすの朝」
歌曲集 作品48 から「鐘の響き」 
(以上、リヒャルト・シュトラウス作曲)
------------------------------------------------------
歌曲集 作品17 から「セレナード」(リヒャルト・シュトラウス)
「アヴェ・マリア」(バッハ/グノー)
<出演>
ディアナ・ダムラウ(ソプラノ)
グザヴィエ・ド・メストレ(ハープ)
<収録>
2009年1月27日 バーデンバーデン祝祭劇場(ドイツ)





カタカナに弱い(数字にも)私なので、
ディアナ?ダムラウ…どこかで聞いたような聞かなかったような^^;
とボンヤリしていて、でも、ちょっぴり記憶の何かに引っかかったので、
ググってみたら、自分のブログがヒットしました^^;

http://das-musical.jugem.jp/?eid=465

『魔笛』で夜の女王で、えらく感動した人でした。

う〜〜〜ん…すごい。

一糸乱れることなく、すらすらととても簡単そうに歌っています。
もちろん、キレイです。うっとりします。
な〜〜んで、こんなに簡単そうにうたえちゃうんだろう。
聞く側になんの不安も与えない。

ハープと自然に絡み合っていて、
ハープは、ソロ演奏になって初めて、ああ、ハープだったんだ〜という感じ。
上手いってすごい。

アンドレアス・ショル

あああ!なんで録画しておかなかったのか!

<演目>
劇付随音楽「エディプス王」から「つかの間の音楽」(パーセル)
劇付随音楽「パウサニアス」から「ばらの花よりかぐわしく」(パーセル)
歌劇「ジュスティーノ」から「わが心のうちを語るなら」(ヘンデル)
絶望 Hob.XXVIa-28(ハイドン)
回想 Hob.XXVIa-26(ハイドン)
さすらい人 Hob.XXVIa-32(ハイドン)
<出演>
アンドレアス・ショル(カウンターテナー)
タマル・ハルペリン(チェンバロ、ピアノ)
<収録>
2010年3月12日 武蔵野市民文化会館

カウンターテナーって、こういう声もあるんですね。
「アルトだぁ〜」、と思いました。
柔らかさがあって、心が解される声ですね。

こういうのを生で聞きたいなあ。。。

また、お名前を忘れてしまわないように、書いておきます^^



そうそう、歌曲ってよく分かりませんでした。
オペラのアリアは、オペラの中の、曲っぽい部分、というような理解をしていましたが、
歌曲って?あれ?歌謡曲とドコが違うの?みたいな。

歌曲って、日本のものだったら『荒城の月』とかなんですよね。
私たちが学校の音楽の時間で歌ったような曲…で良いのでしょう。
それで、演奏会などで聞く歌曲は、それのクラシック
…ということで良いのかな〜なんて思ったり。

だから、歌曲は、これはソプラノの歌とかテノールの歌…という区別はないんですよね?
あるのかな???


コレは…バロックの歌曲ですよね。
波多野睦美さんは私のお気に入り。
でも、雨の日なんかに聞いているとちょっと「オセンチ」ってやつになっちゃうので、
自分の状況を確認しながら聞きます^^;
かなり、精神が引っ張られます。
素晴らしい歌声です。
私が持っているのは『古歌』ですが、
どちらも伴奏はつのだたかしさんのリュート。
これがまた良いんだな!
ちなみに、漫画家のつのだたかしさんとつのだひろさんと3兄弟らしいです。

コンサートに行った事がありますが、
ビジュアル的にもそっくりでした。

いえ、コンサートは超すばらしかったです!
また行きたい。。。

もしかして、もしかして、明治になるまで、
日本には「歌曲」に該当するような、
「歌」が主役のモノって無かったかも。。。
合唱や合奏も日本には無かったけれど、
琵琶法師とか長唄とか…
歌で物語を語るものはあっても、
ポエムを歌う歌…って無いかも。

ポエムを歌う日本風のモノって…
詩吟??でも、これではメロディがないですね。
浪曲は…物語で、ポエムじゃないですよね?

どうかな???


web拍手 by FC2

★クラシック音楽★ | 02:41 | comments(0) | trackbacks(0) |

ヴェルディ「仮面舞踏会」町田オペラ小劇場

絶対、行きたい舞台があります!

こちら

=======================

ヴェルディ 歌劇「仮面舞踏会」

2010年5月17日(月)・18日(火)
18時30分開演(17時30分開場)
町田市民フォーラム 3階ホール(小田急・町田駅より徒歩約8分。JR・町田駅より徒歩約5分)
入場料:3000円(全自由席) 

●キャスト(17日/18日)
リッカルド:正木庸平/上本訓久
アメリア:小田嶋薫/齋藤紀子
レナート:渡邊朋哉/堀内士功
ウルリカ:露木由美子/金幸子
オスカル:前田多鶴/伊藤真矢子
サム:青木貴義/境信博
トム:景山周玄(両日)
シルヴァーノ:清水一成(バリトン)/加藤有美(ソプラノ)
判事&アメリアの召使:吉野健太(両日)

合唱:町田オペラ小劇場合唱団
指揮:石井隆友
ピアノ:河崎恵
フルート:中村優花

お問合せ:090-1734-8116(柴田)

===================

石井隆友さん指揮です!

http://blog.goo.ne.jp/sarumanekanben/

転載させていただきました!

あのですね、われらが小田嶋薫さんが主役なんですよ(感涙!)
絶対行きたい!絶対絶対です!
なのに、なのに、月曜日…締め切りの日なんです。。。

でも、まだ、希望は捨てていません。
少しでも早く終われば…少しでも。。。

お近くで、ちょっとオペラというのも見てみたいかも…
なんて思われた方、是非、オススメいたします。

石井隆友さんの「仕事」って、緻密で丁寧なんです。
だから、出演者の方は地味に大変だと思います。
しかも、石井さんご自身がオペラ歌手ですし。

先日、石井さんと小田嶋さんのデュエットを拝見致しました。
…記事にしてないんだ、これが…orz

石井さんご自身が徹底的にヒロインを引き立てることに全力で当たるのですね。
我らが山口祐一郎さんもそうなんですけどね^^
ヒロインを美しく見せる!これが男女で組む時の男性側の鉄則なんだろうと思います。
ヨーロッパ的な、紳士的な感じ。
女性を美しく見せることによって、「見せている」男性の美しさが滲み出る…。
ということなのだと思います。
だから、ソシアルダンスでも、実際に評価されるのは男性なのだけど、
男性は自分の「花」をより美しく見せるように支え続ける。
ここが、ヨーロッパ(貴族)と日本の男女の関係の徹底的な違い、かな、と思いますが。。。

でも、実際に日本人男性にこれをやれるか?
というと、案外と難しい。

山口祐一郎さん、石川禅さん、鈴木綜馬さんはいいな〜と私は思います。
見分けるポイントは…
「ヒロインが羨ましく思えるか否か」です^^

そんな石井さんの指揮なんですよ〜〜〜

しかも、しかも、小田嶋さんのヴェルディです!
実力のある男性が引き立てるには、
立てられる女性にもそれだけの価値がなければイケマセン。
前回、私は小田嶋薫さんのドニゼッティ『マリア・ストゥアルダ』
http://blog.goo.ne.jp/sarumanekanben/e/d4877d96fd2adf7aa2dccdfe0a397749
つまり「メアリ・スチュアート」役を見て来ました。
堂々がる悲劇の女王でした!
存在感と美しさがありました。
もちろん、声も素晴らしい!
本当に、小田嶋薫さんが一声発すると空気が変わるのです。
これは、主役を張れるか否かの重要なポイントだと思います。

そして、石井さんの恋人なのに心が跪いているという関係の表現も見事でした!


この調子で、堂々と、頑張って下さい!



JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:オペラ

web拍手 by FC2

★クラシック音楽★ | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) |

ルチア 動画発見

JUGEMテーマ:クラシック音楽

ルチアの侍女・アリーザ

ルチアの侍女・アリーザ2

私が観に行った時のではないのですが…
ルチアの動画を発見してしまいました。
埋め込みにしちゃいました。いいですよね?ね?

お正月のお年玉ですね^^
どうぞ、お楽しみ下さい。




小田嶋薫さん、アリーザなので、最後の方にちょこっとですが、聞こえます?
きれいな声です♪

では、良いお年を〜

web拍手 by FC2

★クラシック音楽★ | 03:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

OPERA DE NIGHT 第9回公演のお知らせ

JUGEMテーマ:クラシック音楽

operaviewのNaokoさんに刺激されました〜
http://blog.opera-view.net/

う〜む、なんだか悔しいから^^;私もコンサート情報を!

OPERA DE NIGHT 第9回公演「オペラの宴 23人の歌手によるドラマチックオペラコンサート」

2010年2月26日(金)
18時10分開演(17時45分開場)

【会場】大和市保健福祉センター(小田急江ノ島線 鶴間駅より徒歩約5分)

【入場料】全席自由席・前売り 2000円(当日 2500円)

【出演】大川繭、宍戸美法、吉住ゆかり、石井隆友、堀内士功、島田美香 ほか全23名の歌手
天野哲(指揮)、河崎恵(ピアノ)、たきざわ勝彦(ギター)、柴田素光(司会)

【内容】第1部:オペラ・アリアと二重唱/第2部:ベッリーニ「清教徒」抜粋/第3部:プッチーニ「トスカ」抜粋

すみません、テノール歌手 石井隆友さんのサイトからコピペさせていただきました。

石井さんのお歌も以前に拝聴いたしました。
もう、随分前になるので、また聞きたいな〜と思っていたのですが、
実は、26日にコンサートがあるのは知っていたのですが…行かれませんでしたorz

なので、コチラは絶対行きたいぞ!!

私にとって目玉は『マリア・ストゥアルダ』。
以前にNHKで放送しているのをちらっと観て、でも、じっくりと観れなくて、でもスゴく心惹かれていたのです。
ちょうど、山口祐一郎さんのパレートクイーンもあって、気になる演目でしたし…

歴史物でなんとなく、ザックリと状況は掴めるし、ソプラノの対決が見事だし、何より、音楽が良かったですね。

…という話をテレビ観たあとにオダジセンセに何気なく話したら「実はやるかもしれません」なんておっしゃてはいたのです。
それがね〜コレなんですねえ〜

そう、石井隆友さんと小田嶋薫さんの共演♪
おおお〜どんな感じになるのでしょうか!

石井さん、スゴくきれいなテノールですよ^^
是非聞いていただきたいです。
石井さんのブログ
『猿真似勘弁』http://blog.goo.ne.jp/sarumanekanben/
を右にリンクさせていただきました。
よろしくお願い致します。

いきなりオペラだと、敷居の高い方には、こういうコンサート形式だとオペラのダイジェストになっていて、オススメです♪




web拍手 by FC2

★クラシック音楽★ | 13:07 | comments(2) | trackbacks(0) |

辻井伸行さん ヴァンクライバーン国際ピアノコンクール

評価:
辻井伸行,辻井伸行,ショパン,リスト,ラヴェル
エイベックス・マーケティング
¥ 2,220
(2007-10-24)

評価:
ラフマニノフ,佐渡裕,辻井伸行,ベルリン・ドイツ交響楽団
エイベックス・エンタテインメント
¥ 2,020
(2008-10-22)

JUGEMテーマ:クラシック音楽
JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:ピアノ♪


NHKのETV特集『ピアニストの贈り物 〜辻井伸行・コンクール20日間の記録〜
』を見ました。
http://www.nhk.or.jp/etv21c/lineup/index.html

コチラ、辻井伸行さんの公式サイト
http://www.nobupiano1988.com/index.html

いやあ〜凄かった!

コンクールって大変ですね!
シリアス・のだめって感じです。

地元の観客が通ですよねえ。
日本声楽家協会の試験と基本は同じ。
観客になった気持ちで見ちゃいました。
これは、観客も面白いですよ。
演奏される方には申し訳ないけれど、楽しそうだなあ〜^^♪

ヴァンクライバーン・コンクールは、コンクールと言いつつも、さすがアメリカ!
優勝者には3年間の演奏会のチャンスが与えられるわけですが、
それだけに、即戦力!=観客動員力が大事なのですね。


web拍手 by FC2

★クラシック音楽★ | 23:46 | comments(2) | trackbacks(0) |

ひろしま国際オペラスタジオ 『ランメルモールのルチア』

オペラJUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:オペラ
JUGEMテーマ:クラシック音楽

オンディーヌ様からいただいたオペラ公演情報です。
ルチアはいいですねえ〜ソプラノの醍醐味!というかねえ、
女として産まれて、ルチアとして一瞬でも生きる…って、
女冥利につきるというかねえ…自分とはかけ離れているような、
現実には全く関係ないようなお姫様なんですけど、
女というだけで、どこかにルチアはあるような気がしますね。
だから、これは、もう絶対男性には無理!
女であれば、ルチアになれる資格はあると思います。
…でも、歌えないとね^^;
まあ、だから観る聴くだけでも心が揺さぶられるんですよね。
それも、自分をルチアと遠いと思っている人程、
心の奥にしまった「ルチア」が揺さぶられるのではないでしょうかねえ。。。



『ランメルモールのルチア』
G・ドニゼッティ作曲
(イタリア語上演)
演出の都合上、日本語字幕はありませんが、開演前に
作品内容のプレ・トークがあります。

2010年3月6日(土)開演18:30
     3月7日(日)開演14:00

アステールプラザ大ホール (広島市中区加古町)
http://www.cf.city.hiroshima.jp/naka-cs/access/access.html
http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&msa=0&msid=
111516003642740017672.00044af4e919a7262fe9b&ll=
34.393808,132.454176&spn=0.025037,0.054073&z=15

指揮 和田朋樹  演出 山岸 靖

キャスト
      3月6日(土) 3月7日(日)
 ルチア  秋元 明美   山岸芽美子
 エドガルド藤田 卓也   山岸 靖
 
一般 前売り5,000円 当日5,500円
学生 前売り4,000円 当日4,500円
小・中前売り2,000円 当日2,500円

アステールプラザには、宿泊施設もあります。

公演についてのお問い合わせ
ひろしま国際オペラスタジオ(HIOS)公演部
TEL 090−9502−6577
TEL 082−229−1009
HIOSホームページ
http://www.saturn.dti.ne.jp/~y-monte/index.htm
http://www.saturn.dti.ne.jp/~y-monte/p004/p004.htm


web拍手 by FC2

★クラシック音楽★ | 18:47 | comments(2) | trackbacks(0) |

庄子友美さんのラ・ボエーム ミミさん

JUGEMテーマ:オペラ
JUGEMテーマ:クラシック音楽

mimiさん

LUGEMでも簡単にサムネールが作れるようになりました。
恥ずかしいのでサムネールです。クリックすると大きくなりますが^^;
あくまでもイメージですよ。かわいかったんです。
衣装も「なるほどな〜」って思いました。地味でなく派手でなく可愛い。。。
こういうドレスも似合うのですねえ。
本当に似合う衣装をチョイス出来る方の歌は、やはりどこか違います。


風邪で鼻水がまだずるずるだった時に、庄司友美さんがご出演のコンサートに行ってました^^
『恋する6人の乙女たち』
http://maglog.jp/jvfnet/index.php?module=Info&infid=20558
http://www.geocities.jp/classiclive/konsajoho1-1a.htm

いつものように日声協の勉強会へ行ったら、庄子さんのお名前が無いんですね。
途中お休みする方もあるし、そういうことかな?って思ったら、サクサクとこのコースをご卒業されてしまったのでした^^おめでとうございます!
というわけで、勉強会では聞けないので、コンサートに行って来ました^^


盛りだくさんのコンサートで、コジ・ファン・トゥッテの流れを初めて掴むことも出来ました!
えええ〜そういうお話だったの?あの美しい重唱があああorz
ある声楽家の方が「音楽は最高なんですけど、お話はねえ〜」なんておっしゃってましたが、ホントにマッタクモオオ〜!これぞモーツァルトか!?って思いました。

庄子さんはラ・ボエームのミミさんだったのですが…

私は目から鱗でしたね!


web拍手 by FC2

★クラシック音楽★ | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

声を響かせる

評価:
尾崎豊,岡本おさみ,伊勢正三,井上陽水,荒井由実,さだまさし,中島みゆき,小椋佳,喜多条忠,山上路夫
ユニバーサル・シグマ
¥ 3,000
(2009-07-29)
コメント:ベルベットイースターを聞きたい!!

評価:
---
エイベックス・トラックス
¥ 5,089
(2006-01-11)

評価:
岡本知高,福山雅治,上江洌清作,村松崇継
ユニバーサル ミュージック クラシック
¥ 1,000
(2009-08-19)
コメント:福山雅治さんって、井上芳雄君もカバーしていると、ナニゲにクラシック界から評価高いのかしら?

オンディーヌさんから「声を響かせる」ということを伺って…

ということが、私の中にありました。

これ、さっき中森明菜ちゃんのソングスSONGSを見ていて、ハッとし、
その直後のニュース23の岡本知高さんを見て確信しました。

忘れないように、眠いけど、書きます!


私、公園の滝の前で歌っちゃいます^^
滝で音が消されます。
でも、コントやお芝居の練習をしている人の中で、響く人は響いて、声が聞こえます。

以前にクラシックの方の練習に出会ったことが数回ありました。
それはもうびっくりするほど、もしかしたら苦情が来てしまうのではないか?というくらい、
つまり滝の存在なんて無意味!という位、彼女の背後の広場に声は響き渡り、
滝の裏側へ回ると、滝を通り越して、歌声が公園中に響き渡っておりました。
これはさぞかし名のある方なのでは?とお声を掛けたかったのですが、
それより、練習中の歌声を邪魔せず聞くことの方が大切でした。
…また練習に来てくれないかしらん。。。

というワケで、響く人の声は響く、ということは知っていました。

しかーーーし!ワタクシ、歌っている最中に何人かの知り合いから声を掛けられています。
しかーーーーし!彼らの中で、誰一人として、私が歌っていることを話題にしません。
…怪しい行動だからスルーしているのか?ならば、声も掛けないでしょう。
つまり、後からは全く聞こえていないのだと思います。
恥ずかしい歌を聞かれなくてほっとする反面、やはりダメか、とがっかり^^:

しかも、歌った後はノドが痛い!
滝の音に消されまいと滝と勝負するのがいかんのだよな。。。

と、ある日気づきました!


web拍手 by FC2

★クラシック音楽★ | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

イギリスで有名作曲家が生まれなかったのはなぜ?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1026333920

イギリスに有名作曲家が生まれなかったわけ。
クロムウェル
清教徒革命

和音、装飾音、禁止

スイスもポリフォニー禁止で同様

メモ程度ですが、ずっと気になっていたので、とりあえず公開。


まるで中国の文化大革命みたい!

いろいろな国の、色々な時代で、
新たな文化を恐れて、「革命」と称した文化への弾圧ってあるものですね。

しかし、それが却って新たな文化を生むことになったりしますね。
イギリスでは…演劇?かな??



JUGEMテーマ:音楽
web拍手 by FC2

★クラシック音楽★ | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

大和混声合唱団創立40周年記念コンサートと日声協公開勉強会


小田嶋さんご出演のお知らせです。

場所/神奈川県立音楽堂 
   JR又は、横浜市営地下鉄桜木町駅歩10分(かなりの登り坂との情報あり^^;)
   又は、京浜急行日ノ出町駅歩10分
日時/8月1日(土曜日)13時30分開場 14時開演
入場料/一般1000円 小中高校生500円 全席自由

チラシはこちら↓
http://www.daikon.jp/teien/rc39/chirashi_omote_s.jpg

http://www.daikon.jp/teien/rc39/chirashi_ura_s.jpg

一部が混声合唱で、2部にイタリアオペラだそうです。
小田嶋さんは2部のソリストとしてご出演。

大和混声合唱団…略して「ダイコン」…!スゴイ、素敵!!

小田嶋さん、それ歌うんでしょう?
私には、どれが「ソプラノ」なのか分からないから、想像も付きません!

もちろん、ソロも楽しみですが、合唱って好きです。案外と好きなんですね。
いつだったか、テレビでやってた合唱コンクールを、
ついうっかり(?)ずっと見てしまったことがあります。

そして、その翌日の8月2日(日曜日)
場所/谷中会館 初音ホール JR日暮里駅 又は東京メトロ千代田線 千駄木駅
http://www.jvf.gr.jp/infotoiawase.html
日時/8月2日(日曜日) 13時30分開場 14時開演

どうやら、前期の課題はモーツァルトのようです^^

チラシに使われている楽譜は何でしょう?って、なんかクイズが出てます。
http://www.jvf.gr.jp/3con/090705yosesolo.jpg

う〜む、のだめカンタービレの表紙のようです^^;

う〜む…見たって分かる筈ないorz
ん? OBERONって書いてある、これってオベロン?
「真夏の夜の夢」?? 日程も夏だし…

さて正解はいかに…コチラ^^

う〜む…こまった!
二日連続なんですもの。最初から両日は無理!と心の誓っているのですが、こうして、
チラシなどをしげしげと見てしまうと…心が揺れます。。。
あのね、日曜の日声協の方は、どうも野原沙織さんと組むらしいのです。
私、先日のシルヴィアさんのマグダで気づきました。
声が似ている…というだけで、並べてしまうのはどうなのか、という気はするのですが、
私の理解には、比較対象があった方が分かり易い。
社会学では、人はそもそも「相対的な存在だ」なんていうから、いいかな^^;

野原さんは、やはりクラシックの方だから、なのでしょうが…
低い声で胸声が素敵なのは知っていました。
なかでも前回のソロが、私が聞いた中ではもっとも「上手い!」と思ったのですが、
それは、頭声が美しい…というか、胸声と頭声本当にキレイに繋がっている。
丁寧に滑らかに繋がっている…ということだったのではないか、なんて思い至りました。
太い声の高い音…というのでしょうか、これは、ぞく〜としますね。
太いまま、高いのです。

シルヴィアさんの現在の状況だと、高くなるほど、細い声になる。
これが「苦しそう」に感じます。

小田嶋さんと野原さんの声の相性はどうなのか?
どうも、良いらしいのです。…だから、聞きたい!


それにしても、ご本人も二日連続…大変でしょうに、タフだなあ^^;





web拍手 by FC2

★クラシック音楽★ | 12:01 | comments(8) | trackbacks(0) |

<< + 2/17PAGES + >>